Izukoサービス・アプリ利用規約

Izuko サービス・アプリ利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社ジェイアール東日本企画が事務局を受託する、伊豆における観光型MaaS実証実験実行委員会(以下「当委員会」といいます。)が観光型MaaS実証実験において運営・提供するアプリケーション「Izuko」(以下「本アプリ」といいます。)の利用条件を定めるものです。


第 1 条(本規約の適用)

1. 本規約は、本アプリをご利用になるお客さま(以下「利用者」といいます。)と当委員会との関係一切に適用されます。

2. 当委員会は、本アプリ又は本アプリ上で提供される各種サービス・コンテンツ(以下「本コンテンツ」といいます。)の利用条件や利用上の注意事項等を、個別サービス利用規約(以下「個別サービス利用規約」といいます。)で定めることができるものとします。利用者は、本規約に加えて個別サービス利用規約(以下、これらを総称して「本規約等」といいます。)の定めも遵守するものとし、本規約と個別サービス利用規約の内容が異なる場合には、個別サービス利用規約の内容が優先されるものとします。

3. 利用者は、本アプリを端末にダウンロードし、又はこれを利用したときをもって、本規約等に同意したものとみなされます。

第 2 条(定義)

 (1) 本アプリ:当委員会が提供する、伊豆地域における様々な移動手段の検索、「デジタル・フリーパス」の購入・利用および「AIオンデマンド乗合交通」の予約が可能なスマートフォン向け情報通信サービス

 (2) Izuko対応端末:利用者自身が管理使用するスマートフォンのうち、Izukoの利用が可能として当委員会が指定した機種の総称

 (3) 外部サービス:Izukoと連携し、当委員会以外の第三者が提供する個々のコンテンツ及びサービス

 (4) 外部サービス事業者:外部サービスを提供する事業者

第 3 条(本規約の成立及び変更)

1. 利用者は、本規約に同意していただいた上で、Izukoのアプリケーション画面により、当委員会に対して Izukoの利用を申し込むものとし、本規約は、利用者の申し込み後当委員会が承諾した時に成立するものとします。

2. 前項の承諾は、当該利用者が本規約同意後にIzukoの利用ができる状態になった時点で、当委員会が承諾したものとみなします。

3. 当委員会は、利用者の承諾を得ることなく本規約を変更することがあり、利用者はこれに異議を述べないものとします。

4. 当委員会は、利用者に対し、本規約の定めに従い、Izuko対応端末に限り、Izukoを使用する権利を許諾します。

第 4 条( Izuko 利用の拒否・取り消し)

1. 当委員会は、利用者が任意にIzukoの申し込みに必要な記載事項の一部又は全部を入力等しない場合及び本規約に承諾しない場合、Izukoの提供を行わないものとします。利用者は、あらかじめこれらを承諾します。

2. 当委員会は、利用者が次のいずれかに該当する場合、承諾後であってもこれらの承諾の取消を行うことがあります。利用者は、あらかじめこれらを承諾します。

 (1) 本規約の違反等により、過去にIzuko又は個別サービスの利用資格を取り消されたことがあることが判明した場合

 (2) Izuko又は個別サービスの利用申し込みに虚偽、誤記又は記入漏れがあることが判明した場合

 (3) 当委員会が提供する個別サービス以外の他のサービスの利用規約に違反したことがあることが判明した場合

 (4) Izukoを不正に利用した場合

 (5) Izukoの運営を妨害した場合

 (6) その他、当委員会が利用者として不適当と判断する場合

第 5 条( Izuko の概要)

1. 観光型MaaS実証実験は実証実験であり、期間は、2019年4月1日~6月30日および同年9月1日~11月30日です。

2. Izukoは、通信回線を経由し、利用者がIzuko対応端末にIzukoのアプリケーションをダウンロードし、インストール後、当委員会所定の手続きを行うことにより利用できるサービスです。 利用者は、本規約に従うことを条件に、Izukoを利用することができます。

3. 利用者は、本規約に従うことを条件に、Izukoを利用することができます。

4. Izukoは、 利用者本人のみが利用できます。当該利用者以外の第三者がこれらを利用した場合、当委員会は、当該利用者及び当該第三者に対して、何らの責任を負いません。

5. 「デジタル・フリーパス」については、Izukoダウンロード時に本規約に同意していただくものとし、本規約に「デジタル・フリーパス」に関連するサービス(乗車券、施設入場券)が属しているものとします。

6. 委員会又は第三者により、Izukoと連携する、個別サービス及び外部サービスが提供される場合があります。

7. 利用者が個別サービス又は外部サービスを利用する場合、個別サービスや外部サービスの利用にかかる契約は、Izuko利用契約とは別に、当委員会又は外部サービス事業者との間で直接成立します。個別サービスの利用にかかる契約は、個別サービス利用規約に従います。外部サービスの利用にかかる契約は、利用者と外部サービス事業者との間で直接成立しますので、当委員会は、外部サービスについて、動作保証・品質保証その他一切の責任を負うものではなく、また、外部サービス又はその利用に関して利用者に損害等が発生した場合であっても、一切の責任を負いません。

8. 外部サービス事業者の判断により、利用者への通知なく、外部サービスとの連携機能が制限され、又は利用できなくなることがあります。当該制限又は利用できなくなったことによる損害について、当委員会は一切の責任を負いません。

第 6 条(注意事項)

利用者は、Izukoを利用するにあたり、利用者の安全のために以下の事項を遵守するものとします。

 (1) 車両の運転中又は歩行中のIzuko対応端末操作や画面の注視は大変危険を伴い、道路交通法その他の法に違反する可能性があるため、Izukoの利用は、必ず安全な場所に止まってから行うこと

 (2) Izukoが提供する情報は参考情報であること、また、必ずしも最適なものになるとは限らないことを認識し、常に実際の歩道や道路の状況、道路標識、道路標示、及び、その他の交通規制や交通 ルールを優先すること

 (3) Izukoを利用して消防、警察又は救急医療施設等への誘導をしないこと

第 7 条(利用料金)

1. 利用者は、Izukoを無料で利用できます。但し、Izukoにおいて個別サービス及び外部サービスと連携する機能を利用し、決済を伴うサービスを利用した際に生じた費用はすべて利用者の負担とします。

2. ネット決済サービスは、個別サービス及び外部サービスを利用する際の利用料金等又はキャンセル料等について、利用者が事前に登録した決済方法(クレジットカード、キャリア決済等を含む決済方法で、当委員会が指定するものを意味します。)を用いて決済を行うことを可能にするサービスです。

3. Izukoでネット決済サービスを利用した場合、利用者は、当該利用者がネット決済サービスを通じて利用する決済方法を当該利用者に提供する者(クレジットカード会社や通信事業者、決済サービス提供事業者等を含み、以下「決済方法提供者」といいます。)が定めた当該決済方法の利用に関する規則又は当該決済方法に係る契約内容等(以下「決済等諸規則」といいます。)を遵守した上でネット決済サービスを利用するものとします。

4. ネット決済サービスを利用する利用者が、個別サービス及び外部サービスの利用料金等の支払義務を負う場合、当委員会及び外部サービス事業者の指定するところに従い、利用料金等を自己の登録した決済方法によって支払うものとします。なお、クレジット決済サービスの利用に関する売上処理、利用者への代金相当額の請求時期、請求明細、締め日等については、決済方法提供者と当委員会又は外部サービス事業者との間の取決め及び決済等諸規則に従うものとします。

5. ネット決済サービスの利用は、支払方法(クレジットカード等)を所有し、又は利用可能な利用者(注文者)ご本人に限らせていただきます。なお、第三者利用の場合であっても、ネット決済サービスによって利用料金等の決済を行う場合には、利用者(注文者)ご本人名義の支払方法によるものとします。

6. 利用料金等が利用者によって登録されたクレジットカード等の決済方法により決済を行うことができなかった場合は、利用者において決済方法提供者、及び外部サービス事業者が定める方法にて支払うものとします。

7. Izukoのネット決済サービスで購入したデジタル・フリーパスについては、原則として返品を受け付けません。

第 8 条(情報等の取得)

当委員会は、Izukoを提供するにあたり、利用者より利用者の氏名、電話番号、メールアドレス等の個人情報(個人情報の保護に関する法律(平成十五年五月三十日法律第五十七号)第2条第1項に定めるものをいい、以下「個人情報」といいます。)、又はその他の利用者情報や位置情報等の情報(以下、個人情報とあわせて「取得情報」といいます。)を取得します。なお、取得情報は、本規約に従って取り扱うものとします。

第 9 条(個人情報の取り扱い)

当委員会は、利用者の個人情報の取り扱いについて、本規約、株式会社ジェイアール東日本企画の「個人情報保護に関する基本方針」及び日本の個人情報保護関連法令に基づき、適切に取り扱うものとします。
個人情報保護に関する基本方針 https://www.jeki.co.jp/privacy/index.html

第 10 条(個人情報の利用目的)

Izukoにおいては、利用者の個人情報は以下の目的にて使用します。

 (1) Izukoを提供するため

 (2) Izukoの利用者を管理・認証するため

 (3) Izuko の規約等の変更等を通知するため

 (4) Izuko に関するお問合せ等へ対応するため

 (5) Izuko 利用に関するアンケートを送付するため

第 11 条(個人情報の照会、変更、削除)

利用者は、登録した自己の個人情報を、Izuko所定の手続きに従って、照会、変更、削除することができます。但し、サーバーもしくはネットワークのメンテナンス又は障害等の場合には、当委員会は利用者のご要望にお答えできないことがあります。

第 12 条(取得情報の取り扱い)

1. 利用者は、Izukoの利用によって取得する情報(GPS機能により取得される位置情報、目的地等のデータ、移動手段及び移動経路情報等)について、当該取得情報がIzukoの提供に係るシステムに一時的に蓄積されることを承諾します。

2. 利用者は、当委員会が前項で定めた取得情報を、個人を特定できない総体的かつ統計的なデータに加工したうえで、自ら利用することを承諾します。

第 13 条(個人情報の第三者への提供)

1. 利用者の個人情報を利用目的以外のために第三者へ提供する場合には、当委員会は、利用者のアプリケーション画面より個別の承諾を得ることを原則とします。但し、法令又は法的手続に基づく要請のある場合、利用者、当委員会、又は第三者の生命、身体又は財産等の合法的権益を保護するために必要な場合、情報の処理又は分析の目的で日本国内の委託業者へ委託する場合など、日本の個人情報保護関連法令が認める場合には、利用者の承諾を得ることなく、第三者に対して利用者の個人情報を提供することがあります。

2. IzukoはGoogle Maps Platform及びGoogle Analyticsのモジュールを組み込んでおり、検索条件、IPアドレス、緯度/経度の座標をGoogle LLCへ提供させて頂く場合があります。そのため、利用者は、前項の規定にもかかわらず、Googleのプライバシーポリシー(https://www.google.com/policies/privacy/)に従い、Google及びその関連会社がGoogleのサービス及びサービスを提供・改善するために、利用者の取得情報を使用し、保持することを承諾します。

第 14 条( ID ・ PW の管理責任)

1. 利用者は、Izuko、個別サービス又は外部サービスの利用にあたって必要となる自己のID、パスワードその他の暗証番号(以下、あわせて「ID等」といいます。)を、自ら責任をもって管理するものとし、そのID等を使用してなされた一切の行為及びその結果について、その行為を自らしたか否かを問わず一切の責任を負うものとします。

2. 利用者は、自己のID等を第三者に貸与し、又は使用させることはできないものとします。万が一、利用者のID等が第三者に使用されたことにより利用者又はその他の者が損害を被った場合であっても、その原因を問わず、当委員会は一切の責任を負わないものとします。

3. 利用者は、他の利用者のID等を使用してIzukoを利用することはできないものとします。万が一、利用者が他の利用者のID等を使用してIzukoを利用した場合、利用者はそれによって生じた一切の損害を直ちに賠償するほか、発生した一切の紛争をその責任と負担において解決するものとします。

第 15 条(著作権等)

Izuko、個別サービス及び外部サービスで提供されるテキスト、画像、写真、音声及び動画等の情報(以下「著作物等」といいます。)に関する著作権、商標権、意匠権等の知的財産権は、当委員会又は外部サービス事業者に帰属しています。

第 16 条(禁止事項)

1. 利用者は、Izukoの利用にあたり、以下に定める行為を行わないものとします。

 (1) 当委員会もしくは第三者の著作権、商標権等の知的財産権、その他の権利を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為

 (2) 第三者のプライバシーを侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為

 (3) 第三者にIzukoを利用させることにより、第三者に位置情報を取得させる行為

 (4) Izukoへの不正アクセス、不正攻撃又はそのおそれのある行為

 (5) Izukoの提供を不能にすること、その他Izukoの提供及びその運営に支障を与える行為、又はそのおそれのある行為

 (6) 当委員会もしくは第三者に不利益もしくは損害を与える行為、又はそのおそれのある行為

 (7) 犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結びつく行為、又はそのおそれのある行為

 (8) Izukoを利用することによって得られる一切の情報を業として利用する行為又は方法の如何を問わず第三者の利用に供する行為

 (9) IzukoをIzuko対応端末以外の端末(Izuko対応端末を不正に改造した端末を含みます。)で利用する行為

 (10) Izukoのアプリケーションの逆コンパイル、逆アセンブル等のリバースエンジニアリング行為

 (11) Izukoを、他のアプリケーション、サービスと組み合わせて利用する行為(個別サービス及び外部サービスを除きます。)

 (12) 本規約に違反する行為

 (13) 上記の他、法令、もしくは公序良俗に違反する行為、又は違反するおそれのある行為

2. 利用者は、Izuko及び個別サービスにかかる契約上の地位の全部又は一部を第三者に譲渡、承継、又は担保に供することはできません。

第 17 条(個別サービスの変更・廃止、外部サービスとの連携の終了)

1. 当委員会は、利用者へ通知することなく、個別サービスを変更し、又は廃止(継続中の個別サービスにかかる契約の解除を含みます)することができるものとします。

2. 当委員会は、利用者へ通知することなく、Izukoと個別サービスとの連携を終了することができるものとします。

第 18 条( Izuko の提供及び本規約の終了)

1. 当委員会は、利用者へ通知することなく、Izukoの提供を変更又は終了することができるものとしま す。Izukoの提供が終了する場合、本規約は、Izukoの提供終了と同時に終了します。

2. 前項の規定にもかかわらず、本規約第7条は、Izukoの利用料金等又はキャンセル料等の支払の 完了まで、本規約第5条第3項、第5項及び第6項、第8条~第15条、第16条第2項、本条、第19条、第21条~第22条、ならびに第24条は本規約終了後も有効とします。

第 19 条( Izuko の提供終了後の措置)

当委員会は、 Izukoの提供終了後は、利用者の個人情報を削除します。但し、個人情報以外の取得情報は統計資料等により利用を継続する場合があります。

第 20 条( Izuko の一時的な中断)

1. 当委員会は、次のいずれかに該当する場合には、利用者へ通知することなく、Izukoの提供を一時的に中断することがあります。

 (1) Izukoのシステム保守を定期的に、又は緊急に行う場合

 (2) 火災、停電、戦争、暴動、騒乱、労働争議などによりIzukoの提供ができなくなった場合

 (3) 地震、噴火、洪水、津波などの天災によりIzukoの提供ができなくなった場合

 (4) Izukoに用いる通信サービスが停止し、又は障害が発生した場合

 (5) Izuko対応端末の使用環境その他の事情により通信障害が生じた場合

 (6) その他、運用上又は技術上、当委員会がIzukoの提供を一時的に中断する必要があると判断した場合

2. 当委員会は、Izukoの一時中断のお知らせや利用者へのお知らせを行う場合、当委員会が適当と判断する方法で利用者にその旨を通知します。但し、緊急の場合又はやむを得ない事情により通知できない場合は、この限りではありません。当委員会は、前項の措置により、利用者が損害を被った場合(Izukoの中断又は停止によりIzukoが利用できない場合を含みます。)でも、一切その責任を負わないものとします。

第 21 条(損害賠償)

1. 当委員会は、Izuko、個別サービス及び外部サービスの利用又はそのサービス提供の有用性及び正確性についていかなる保証もせず、その内容、遅延又は中断などにより発生した利用者又は第三者の損害に対しては、いかなる責任も負わないものとします。

2. 利用者がIzuko、個別サービス又は外部サービスの利用によって第三者に対して損害を与えた場合、利用者は自己の責任と負担をもって解決し、当委員会には一切の迷惑をかけないものとします。

3. 利用者が本規約、個別サービス又は外部サービスにかかる規約に反した行為、又は不正もしくは違法な行為によって当委員会に損害を与えた場合、当委員会は当該利用者に対して損害賠償を請求することができるものとします。

第 22 条(地図情報の完全性等の不保証)

当委員会は、Izukoで使用する地図情報の完全性・有用性・正確性・即時性等を保証するものではなく、地図情報の内容等に関して利用者に損害が生じたとしても、当委員会に故意又は重過失が無い限り、当該損害について一切の責任を負いません。

第 23 条( GPS 取得精度についての免責)

Izukoにて用いる位置情報とは、Izuko対応端末に搭載されるGPS機能で取得した緯度・経度情報及び基地局の情報(GPS機能を有していないIzuko対応端末の場合は、基地局の情報のみを用います。)を指します。Izuko対応端末に搭載されるGPS機能は、衛星からの電波を利用しているため、建物の中、高層ビル群地帯、高圧線の近く、密集した樹木の近くではGPSの電波を受信しにくい、もしくは受信できない場合があり、このような場合は基地局の情報のみを用いて位置の測位を行います。また、基地局の設置状況又はIzuko対応端末の電波状況により基地局情報を正確に取得することができない場合があります。これらの場合、位置情報と実際の位置に大きな誤差が生じることや、位置情報を得られないことがあります。

第 24 条(免責)

1. 当委員会は、本規約第17条又は第18条に基づいて、Izukoもしくは個別サービスの提供、それらと外部サービスとの連携を変更又は終了する場合、利用者に対して何らの義務も責任も負わないものとします。

2. 利用者と外部サービス事業者との間で紛争が生じた場合は、利用者と当該外部サービス事業者との間で解決するものとし、利用者は、当委員会に何らの請求又は苦情を申し立てないものとします。

3. 利用者は、次の各号の場合には、Izuko、個別サービス及び外部サービスの全部又は一部が利用できず、それにより利用者又は第三者が被った損害・損失等に対して、それが当委員会の故意又は重過失により生じた場合を除き、当委員会がいかなる責任も負わないものであることを承諾します。

 (1) 利用者の届出た情報の内容に誤りのある場合

 (2) Izuko対応端末又はその他周辺機器等が正しく設置もしくは接続されていない場合、又は故障、損壊、不具合等があり正常に作動しない場合、又はこれらの組み合わせにおいて不適合である場合、もしくはIzuko、個別サービス又は外部サービスの利用に障害となるような機能設定をしている場合

 (3) Izuko対応端末又はその他周辺機器の取扱説明書等に記載されている事項を遵守しなかった場合

 (4) Izuko対応端末の電池切れ等、端末又はその他周辺機器等に電力が正常に供給されていない場合

 (5) Izuko 対応端末又はその他周辺機器等の電源が入っていない場合

4. Izuko対応端末、Izuko アプリケーション又はIzuko対応端末のOSのバージョンアップの有無等によって、利用者が利用できる各種機能の内容が異なる場合があり、当委員会は、利用者に対してIzuko の全ての機能を利用可能であることを保証しません。

第 25 条(準拠法・合意管轄)

本規約の準拠法は日本法とし、本契約及びIzukoに関する法的紛争の一切に関しては、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第26条(反社会的勢力の排除)

利用者は、当委員会に対し、自己(自己が法人の場合は、代表者、役員又は実質的に経営を支配する者。)が暴力団、暴力団員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等の反社会的勢力(以下「反社会的勢力」という。)に該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。

 (1) 当委員会は、利用者が反社会的勢力に属すると判明した場合、催告をすることなく、利用契約を解除することができます。

 (2) 当委員会が、前号の規定により、利用契約を解除した場合には、これによる参加者の損害を賠償する責を負わず、利用者は当社に生じた損害について賠償する責を負います。



Izuko AIオンデマンド乗合交通実証実験利用規約

当委員会が観光型MaaS実証実験において実施する「AIオンデマンド乗合交通」の実験(以下「本実験」といいます。)にご参加いただくにあたり、実験参加者(以下、「参加者」といいます。)は、以下の規約(以下「利用規約」といいます。)に同意し、利用規約に基づく利用契約を締結していただくことが必要となります。 本実験にご参加いただいた際は、利用規約に同意し、利用契約を締結したものとみなします。

第1条(本実験)

本実験は、静岡県下田市地域で、次の各号により参加者が用意したスマートフォン等であらかじめ予約をして車両に乗車いただく実験です。

 (1)本実験は当委員会が運営します。

 (2)本実験の車両の運行は、当委員会が定める運行事業者へ委託します。

 (3)本実験の参加者は、利用契約を締結した参加者とします。

第2条(運行期間)

運行期間は2019年4月1日より、6月30日まで(ただし4月29日~5月5日、5月17日~19日は運休)、運行時間は午前10時~午後5時10分までとします。ただし、当委員会の都合により変更となる場合があります。

第3条(運行地域)

運行地域は、予め当委員会が定めた地域に限定します。ただし、当委員会の都合により変更となる場合もあります。  

第4条(利用方法)

参加者は、次の各号に定める事項の手続きに沿って実験に参加するものとします。

 (1) 参加者は当委員会の定める専用の予約アプリを通じ、予約に必要な情報(乗車場所・降車場所・乗車人数)を入力していただきます。

 (2) 入力された情報に基づき、参加者に乗車予定時間・場所および降車予定時間が通知されることで予約が確定し、車両に乗車することができます。

 (3) 乗車予定時刻までに乗車場所へお越しください。

 (4) 乗車時には、お名前、乗車人数を運転手にお伝えください。

第5条(利用権の譲渡禁止)

参加者は、本実験上の地位並びに利用契約に基づく権利及び義務を第三者に譲渡し、承継させ、担保を提供し、その他一切の処分をすることはできません。

第6条(禁止事項)

参加者は、本実験の車内等において、次の各号の行為を禁止します。禁止事項に違反し、当委員会および運行事業者の注意に従わない場合、利用を拒否することができます。

 (1) 走行中みだりに運転者に話しかけること。

 (2) 物品をみだりに車外へ投げること。

 (3) 自動車の運転に必要な機械装置に手をふれること。

 (4) 走行中乗降用の扉を開閉すること。

 (5) 走行中の自動車に飛び乗り、またはこれから飛び降りること。

 (6) 運転者の制止または指示に反すること。

 (7) 車内、および乗降場所近辺で、物品の販売、募金、及びチラシ、その他の宣伝物の配布、掲示、撮影、又はこれに類する行為。

 (8) 火気の使用、危険物を持ち込む行為。

 (9) 政治、宗教活動、公序良俗公に反する活動を行う行為。

 (10) 喫煙、ゴミの投棄、騒音、振動、異臭を発するなどの行為。

 (11)落書き、損傷および破壊等これらを汚損する行為。

 (12) 暴力行為、無謀行為など自己および他人に危険を生じさせる行為。

 (13) ペット等動物を持ち込む行為。

 (14) 第三者に迷惑を及ぼす言動及び行為。

 (15) 感染症または感染症の疑いがあるにも拘わらず乗車すること。

 (16) 道路交通法はじめ関係法令に抵触する行為。

第7条(注意事項、免責事項等)

参加者は、次の各号の事項を承知し、予め同意します。

 (1) 本実験は、車両故障、システム障害、悪天候等やむを得ない事由により、運行中止や車両変更等の措置を取ることがあること。

 (2) 実証実験段階であり、完成されたサービスでない点を了解の上、利用すること。

 (3) 定員の都合により、希望の時間にご利用できない場合や、道路事情その他により到着予定時刻から遅れることがあること。

 (4) 予約人数以上での乗車、予約した乗降場所以外での乗降ができないこと。また、一度予約した目的地は変更できないこと。

 (5) 占有できる座席は1人1席とすること。

 (6) 本実験に使用する車両は、乗降口に段差があるため、自ら乗降および移動が可能な方以外は乗車できないこと。ただし、介助者が同乗する場合はこの限りではないこと。なお、介助者が同乗する場合、運転手による介助は行わないこと。

 (7) 法令により乗車の際は必ずシートベルトを着用すること。降車時は車両が停止してから席を立つこと。また乗降時は運転手が扉を開けるまで乗降はしないこと。

 (8) 当委員会および運行事業者は、手荷物品、身の回り品について、滅失やき損によって生じた損害を賠償する責任を負わないこと。ただし、当委員会または運行事業者に過失がある場合はこの限りではないこと。

 (9) 遺失物については、法令に基づき運行事業者にて数日間管理・保管し、遺失者から連絡がない場合警察署に引き渡すこと。

 (10) 本実験車両にはドライブレコーダーを設置していること。当委員会が必要と認めた場合に、車内の記録を利用する場合があること。本実験終了後記録は廃棄すること。

 (11) 本実験を利用するために必要なスマートフォンは参加者自らが調達し、予約システムの利用に伴うメール受信やWeb閲覧に必要な通信料金は参加者負担となること。

 (12) 当委員会および運行事業者は、前各号によって生じたいかなる損害に対して一切責任を負わないものとし、参加者はこれに異議を述べることができないこと。

第8条(本実験の参加資格停止)

参加者が次の各号のいずれかに該当する場合、当委員会は参加者に事前に通知 することなく本実験を停止することができます。この場合、参加者は本実験を受けるすべての権利を失います。当委員会は、本実験の停止により生じたいかなる損害に対して一切責任を負わないものとします。

 (1) 利用規約のいずれかに違反した場合

 (2) 当委員会への届出内容に虚偽があった場合

 (3) その他利用者として不適切、または本実験の実施に支障があると当委員会が判断した場合

第9条(損害賠償責任)

当委員会は、車両の運転によって、参加者の生命または身体を害したときは、これによって生じた損害を賠償する責任を負います。ただし、次の各号に該当する場合は除きます。また、当委員会の参加者に対する責任は、その損害が車内または乗降中に生じた場合に限ります。

 (1) 当委員会および運行事業者が車両の運転に関し注意を怠らなかったこと。

 (2) 参加者または第三者に故意若しくは.過失があった場合。

 (3) 車両の構造上の欠陥または機能の障害がなかったことを証明できる場合。

第10条(損害賠償の請求)

当委員会は、参加者の故意もしくは過失により、またこの規約を守らないことにより当委員会および運行事業者が損害を受けたときは、参加者に対し、その損害の賠償を求める場合があります。

第11条(個人情報の利用)

参加者は、本実験利用の際に提供した以下の情報(総称して以下「個人情報」 といいます)について、当委員会が、次の各号に定める目的に利用することを承諾する。

 (1) 参加者が本実験を利用する際、当委員会へ相談した内容等。

 (2) 本実験利用にあたり参加者が提供したアンケート等の送情報。

 (3) 当委員会が、参加者から提供された個人情報について、個人が特定できないよう統計的データに加工処理したうえで、統計情報として公表すること。

第12条(その他)

利用規約に定めのない事項は、誠意を持って協議の上、円満な解決を目指すものとし、本実験に関連して参加者と当委員会および運行事業者の間で紛争が生じた場合、準拠法は日本法とし、訴額に応じて東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とするものとします。

第13条(利用規約の変更)

当委員会は、利用規約をいつでも任意に変更することができ、参加者はこれを承諾するものとします。利用規約の変更は、Webサイトへの公開、参加者への電子メール等によって随時参加者に発表するものとし、それをもって効力が生じます。但し、利用規約が変更される場合で、重大な内容を含む場合、別に参加者に変更後の約定について当委員会が承諾を求めることがあります。

本規約は2019年4月1日より施行します。

特定商取引法に基づく表示

販売業者名

伊豆における観光型MaaS実証実験実行委員会

所在地

〒150-8508 東京都渋谷区恵比寿南一丁目5番5号 JR恵比寿ビル9階 (株式会社ジェイアール東日本企画内)

連絡先

0120‐769667
(受付時間:10:00-17:00)

商品の価格

・Izukoイーストパス 3,700円(1,850円)
・Izukoワイドパス 4,300円(2,150円)
・下田港内めぐり 1,000円(500円)
・下田海中水族館 1,700円(850円)
・小室山リフト 420円(210円)
・伊豆ぐらんぱる公園 1,000円(500円)
・伊豆高原グランイルミ 1,300円(700円)
・伊豆シャボテン動物公園 2,000円(900円)
・ニューヨークランプミュージアム&フラワーガーデン 1,100円(550円)
(カッコ内は子供料金)

商品代金以外の
必要金額

スマートフォンの利用にかかる通信費等/デジタルフリーパスの利用までの交通費

支払い方法

クレジットカードでのお支払い
ご利用頂けるカードはご本人様名義のVISA、MasterCard、JCB、AMEX、Dinersです。

支払い時期

各カード会社の引き落とし日

ソフトウェアを使用するための動作環境

iOS及びandroid(いずれも最新のバージョン)が搭載されたスマートフォン

商品等の注文の取り消し・返品・交換

不可

ページTOPへ